大佐日記

ド底辺の大佐が必死に投資するブログ

2020年01月の資産状況 1,187万円【前月比プラス6万円(±0.0%)】

2020年01月の資産総額は11,874,580円。

 前月に比べて+60,971円。 

 内訳(括弧内は前月との差)

 

個別株・ETF 7,091,673円(+543,106円)

現金・預金 1,250,128円(▲894,889円)

確定拠出年金iDeCo) 1,464,347円(+17,821円)

つみたてNISA 391,771円(+391,771円)

第1子ジュニアNISA 979,186円(+2,700円)

第2子ジュニアNISA 697,475円(+462円)

f:id:taisa-invest:20200131102346j:plain

株の調子は良かったんだけど、先月に比べて円が高くなったのと、12月のパコ活諸々のクレジットカード払いが嵩んだので、先月に対して微増。

それと、今月VHTを40万円、つみたてNISAで40万円、合計80万円をリスク資産に投資したので、現金預金が大幅に減少。

 金融資産の推移はこちら↓

 

taisa-invest.hatenablog.com

 保有銘柄はこちら↓

 

taisa-invest.hatenablog.com

 

つみたてNISAでeMAXIS Slim全世界株式を一括投資したよ

昨年まで一般NISAで海外ETFと米国株に投資していた。

が、何となく2020年枠からつみたてNISAへ変更してみた。

 

最近は、投資熱が劇下がりで、つみたてNISAの制度なんかも全然理解しとらんかった。せいぜい年間投資枠が40万円で、最大20年間の非課税ですよ程度。

で、今回SBI証券で「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を設定してみたのよ。

そしたら、なんと毎月いくらつみたて投資をするのか設定しないといけないのね。

もうね、バカかとアホかと。

頭の良い人たちが言ってたんだけど、ドルコスト平均法で投資したってリスク下がる訳じゃないし、株価が長期的に右肩上がりなら、投資の時期は早ければ早い方が良いって。

 

お、そうだなと俺も思ったので、ちょっと裏技使ったのよね。

f:id:taisa-invest:20200121133653j:plain

2020年開始早々、毎月10日に10,000円を投資するように設定するの。で、残った390,000円を、ボーナス月設定として1月15日にするのね。あ、べつに1月11日でもなんでもいいんだけど。

そうしたら、1月15日には400,000円分投資が完了しちゃうのさ。

ね?一括投資になったでしょ?

 

というわけで、これから毎年年明け早々に40万円をSBI証券にぶち込む事が確定。

2019年12月の資産状況 1,181万円【前月比プラス106万円(+10.0%)】と一年の振り返り

2019年12月の資産総額は11,813,609円。

 前月に比べて+1,061,878円。 

 内訳(括弧内は前月との差)

 

個別株・ETF 6,548,567円(+157,902円)

現金・預金 2,145,017円(+806,425円)

確定拠出年金iDeCo) 1,446,526円(+65,693円)

第1子ジュニアNISA 976,486円(+18,569円)

第2子ジュニアNISA 697,013円(+13,289円)

f:id:taisa-invest:20191227093418j:plain

12月はボーナスと住宅ローン控除の還付金が入って来るので、例年通り資産が増えた。

リスク資産も増えたのだが、悲しいかなiDeCoやジュニアNISAなどのインデックスファンドに比べると、個別株・ETFの上昇具合が芳しくない。

要は個別株がベンチマークに比してアンダーパフォーム太郎なんだろう。

ますます個別株投資への興味が薄れる。

もうETFでいいや的な雰囲気すら漂う。

と、書いてて気づいたのだが、現金預金比率がかつてないほど上昇している。

年明け早々つみたてNISAで40万円ブチ込んで、さらにETFでも買ってやろうかと思案中。

一年の振り返り

 さて、一年前に比べてどの程度資産が増えたチェック。

2019年12月 11,813,609円

2018年12月   7,376,512円

プラス4,437,097円!?

結構増えてる・・・むしろ手取り年収に近いぐらい増えている。

増加要因は何なのか、アセットクラス毎に調べてみよう。

 

内訳(括弧内は前年同月との差)

 個別株・ETF 6,548,567円(+2,034,717円)

現金・預金 2,145,017円(+1,302,431円)

確定拠出年金iDeCo) 1,446,526円(+531,794円)

ジュニアNISA 1,673,499円(+568,155円)

 

全体的に増えてる。

 

元本で見てみよう。

個別株・ETF+2,034,717円のうち元本分が458,481円

確定拠出年金iDeCo)+531,794円のうち元本分が276,000円

ジュニアNISA+568,155円のうち元本分が275,000

合計すると、リスク資産全体+3,134,666円のうち元本分が1,009,481円。

つまり、リスク資産上昇分から元本を差し引いた、含み益は2,125,185円

 

ただ、個別株・ETFについては、期中でレバレッジポートフォリオを売却した影響で、大きく売却益が出ている影響はある。

それにしても、この含み益はかなりデカい。インデックスファンドで積み立てている、iDeCoとジュニアNISAの含み益が相当出ているということは、それだけ市場が好調だったということ。

多くの投資家はホクホクだろうね。

あと、現金・預金が増えた理由は、慰謝料ですな。慰謝料って偉大なんだね。

 

来年はプライベート的にいい年にしたいやね。

それと、車でも買おうと考え中。

 

 金融資産の推移はこちら↓

 

taisa-invest.hatenablog.com

 保有銘柄はこちら↓

 

taisa-invest.hatenablog.com

 

 確定拠出年金ポートフォリオ

f:id:taisa-invest:20191227094045j:plain

ジュニアNISAのポートフォリオ

f:id:taisa-invest:20191227094110j:plain

 

2019年11月の資産状況 1,075万円【前月比プラス21万円(+2.0%)】

2019年11月の資産総額は10,751,731円。

 前月に比べて+204,555円。 

 内訳(括弧内は前月との差)

個別株・ETF 6,390,665円(+151,077円)

現金・預金 1,338,592円(▲68,002円)

確定拠出年金iDeCo) 1,380,833円(+68,643円)

第1子ジュニアNISA 957,917円(+26,915円)

第2子ジュニアNISA 683,724円(+25,919円)

 

8月から4ヶ月連続で資産が増えた。

個別株はS&P500に劣後しているけど、まぁいいだろう。

それよりも、パコ活で現金・預金がみるみる減っている。

流石にパコ活は休止する。

2019年10月の資産状況 1,054万円【前月比プラス43万円(+4.0%)】

2019年9月の資産総額は10,547,179円。

 前月に比べて+427,295円。 

 内訳(括弧内は前月との差)

個別株・ETF 6,239,588円(+150,954円)

現金・預金 1,406,594円(+82,198円)

確定拠出年金iDeCo) 1,312,190円(+69,632円)

第1子ジュニアNISA 931,002円(+68,434円)

第2子ジュニアNISA 657,805円(+56,077円)

 

9月に引き続き10月も資産が増えた。

ご覧のとおり、全てのアセットクラスが増加。

燃料手当も全てパコ活に消えた模様。

11月を耐え忍べば、12月はボーナス等々が入ってくる。

そこでさらなる資産形成を図りたい。

2019年09月の資産状況 1,012万円【前月比プラス18万円(+1.8%)】

2019年9月の資産総額は10,119,884円。

 前月に比べて+173,483円。

 

内訳(括弧内は前月との差)

個別株・ETF 6,088,634円(+64562円)

現金・預金 1,324,396円(▲41,608円)

確定拠出年金iDeCo) 1,242,558円(+82,124円)

第1子ジュニアNISA 862,568円(+39,899円)

第2子ジュニアNISA 601,728円(+28,506円)

 

相場が持ち直し、先月に比べて資産が増加。

資産が1,000万円に回復したので、階級も五級准尉から少尉へ再度昇格。

トランプ大統領が米国から中国ETF等の購入禁止を検討とか言ってるけど、どうせブラフでしょ。